仮想通貨(暗号通貨)の販売所と取引所の違いは?手数料やメリット・デメリットを調査!

  • URLをコピーしました!

仮想通貨って販売所と取引所どっちで買えばいいの?

仮想通貨の口座を終え、さあ買うぞと思った矢先にぶつかるのがこちらの疑問ではないでしょうか?

どちらも間違いではなく、仮想通貨取引所では購入所が2種類存在し、「販売所」と「取引所」のどちらでも購入が可能です。

それぞれ特徴がありのますので、今回は以下を初心者向けに解説していきたいと思います。

・仮想通貨の販売所と取引所の違い
・それぞれの特徴やメリット、デメリット

はじめる前に特徴を理解し、うまく使い分けられるようにしていきましょう。

※コインチェックやビットフライヤーを開設していない方はコチラをどうぞ!

目次

販売所と取引所の違い

仮想通貨の販売所と取引所の大きな違いは取引相手が違うことです。

販売所

利用者と業者が取引を行う場所。

利用者は業者が保有している仮想通貨を売買する。

取引所

利用者同士でトレードを行う場所。

仮想通貨を保有している人から購入したり欲しい人に売ったり出来る。

上記以外にも価格・手数料・種類などの違いがあり、メリット・デメリットも存在します

以下で詳しく見ていきましょう。

販売所の特徴

販売所の大きな特徴として先ほども上げた取引相手が業者です、以下その他の特徴もご紹介していきます。

素早く確実に取引可能

業者との取引となる為、提示された価格で素早く確実に取引が可能です。

システムエラーなど起きない限りは即座に取引が成立します。

「買う」「売る」の二択で初心者でもミスをしにくい

販売所では購入か売却の二択しかありません。

数量・金額の入力でOKなので初心者でも難しくないです。

デメリットは手数料が高いこと

業者と取引を行う販売所は、利用者同士で取引する取引所と比べて手数料が高いことが多いです。

手数料は無料でもスプレッドの開きが大きくなっているなど販売所ごとに設定が異なります。

事前に調べておくといいでしょう。

スプレッドとは

購入価格と売却価格の差額、利用者が負担する取引コストのことです。
この差が大きいと実質手数料が多くかかることとなるので注意しましょう。

【例】たとえば仮想通貨を購入してすぐ売却したとします。
購入レート:102円
売却レート:100円
この場合買って即売っても2円マイナスとなります。

この2円の差額がスプレッドです。

仮想通貨というのは販売所で買った時点ではスプレッド分が必ずマイナスです。

ここからレートがスプレッドの値以上に有利な方向へ動けば利益が発生します。

スプレッドは狭ければ狭いほど利益を狙いやすくなるというわけです。

事前にチェックしておきたい重要な部分となってくるので覚えておきましょう!


取引所の特徴

取引所ではオークションのように利用者間同士で取引を行えます。

注文方法も選ぶことが出来て、販売所と比べ自由度が高い取引が可能なのが特徴となります。

その他の特徴は以下となります。

販売所より安く買え高く売れる

業者と取引を行う販売所より、手数料が安く設定されていることが多いです。

よって、安く買える高く売れるが実現可能となります。

指値注文・成行注文が可能

取引所では注文方法が選択できます。

指値注文

売買したい価格を自分で決める注文方法です。
相場をチェックできない時などに非常に便利な注文方法で、指値注文を出しておけば自分の指定した金額で自動で取引が行えます。

成行注文

価格を決めずに注文する方法です。
その時の価格に近い価格ですぐに売買が成立します。
時間優先の取引方法とも言えます。

どちらも選べるなんてかなり嬉しいですね!

注文が通らないかもしれない

指値注文では自分で価格を設定できるのが大きなメリットではあるんですが、その価格でマッチする他の利用者がいなければ取引は成立しません

また成行注文の場合はその時のレートで取引が成立するため、思わぬ価格で取引が成立してしまう可能性があります。

利用する際にはよく注意しておきましょう。

銘柄が少ないこともデメリット

取引所は販売所と比べて銘柄が少ないことが多いです。

取引相手が利用者同士なので仕方のないことかもしれませんが、取引したい銘柄がある場合は事前に調べておきましょう。

まとめ

今回は仮想通貨の販売所と取引所の違いについて解説していきました。

まとめると以下の通りです。

販売所取引所
取引相手業者他の利用者
価格業者が設定自分が決める
注文方法1つ2つ
手数料有料(無料の場合も)無料
取引完了時間即時指値注文は時間が必要
成行注文は即時
通貨種類多い少ない

どちらがいいということは個人によりけりなので言い切れませんが、うまく使い分けられると更にランクアップできそうですね。

それではご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次