コインチェック【レンディング】の解説!メリット・デメリットや評判はどう?

  • URLをコピーしました!
  • 口座開設もカンタン!
  • 日本でアプリのダウンロード数がNo1!
  • 安心したセキュリティ

コインチェックにはさまざまな稼ぎ方が用意されていますが、今回はその内の一つ【コインチェック貸暗号資産サービス】をご紹介していきます。

コインチェック貸暗号資産サービスとは、レンディングとも呼ばれ購入した暗号資産をコインチェックに貸し出すことで返却の際に最大5%分の利息を得られるというものです。

5%の利率なら200万円レンディングすれば10万円分の利息が得られるということだね。

【この記事を読んで分かること】
・コインチェック貸暗号資産の特徴
・コインチェック貸暗号資産のメリットやデメリット
・コインチェック貸暗号資産のよくある質問
・コインチェック貸暗号資産の評判
・コインチェック貸暗号資産の注意点

それでは詳しく以下詳しく解説していきます。

↓仮想通貨デビューはコインチェックがおすすめ!

↑今なら1500円分のビットコイン配布キャンペーン実施中

目次

コインチェック貸暗号資産とは?

貸暗号資産サービス」とはレンディングとも呼ばれる方法で暗号資産の貸し借りが出来るサービスです。

貸し出す側はコインチェック取引所に期間を決め暗号資産預け、返却される際に預けた金額の利息最大5%を利用料をとして受け取ることが出来ます。

借りる側はコインチェックへ申請を行い、それが許可されると取引所から貸し出される仕組みとなっています。

要するにコインチェック貸暗号資産サービスとは、コインチェック取引所を仲介役として暗号資産のレンタルを行える、ということです

コインチェック貸暗号資産 レンディングの特徴

ではコインチェックのレンディングにはどんな特徴があるのか一緒に見ていきましょう。

入れてほっとくだけで暗号資産が貯まる

口座に眠っている暗号資産はありませんか?

暗号資産では長期的な価格上昇を狙い、口座で眠らせる戦略を取る人が一定数います。

レンディングを利用すれば眠らせている間に貸し出すことで更なる利益が狙えます

コインチェックで扱う全ての暗号資産に対応

コインチェック貸暗号資産サービスは以下17種類の暗号資産に対応しています。

※「ETC」は一時停止中(2022年8月19日現在)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)

5つから選べる貸出期間

貸出期間や年率などは以下となっています。

数量は暗号資産1万円相当~となっており上限はありません。

貸出期間年率
14日1%
30日2%
90日3%
180日4%
365日5%
コインチェック貸出期間と年率

↓仮想通貨デビューはコインチェックがおすすめ!

↑今なら1500円分のビットコイン配布キャンペーン実施中

コインチェック貸暗号資産のメリット

初心者でも利益が出やすい

コインチェックに限ったことではありませんが、レンディングは貸し出すだけなので特別なスキル要りません。

なので初心者でも口座があれば簡単に始められますし利益が得やすい方法です。

取引所が仲介なので安心できる

コインチェック取引所が仲介役となってレンディングを行うため、トラブルが起こりにくというのもメリットです。

利用者同士の貸し借りだと不安があるものですが、取引所が仲介を行うことで安心感の高い取引が可能となります。

銀行より年率が高い

コインチェックのレンディングは年率最大5%です。

銀行の定期預金は良くても金利0.2%というところで考えると、とても好条件だということが分かります。

↓仮想通貨デビューはコインチェックがおすすめ!

↑今なら1500円分のビットコイン配布キャンペーン実施中

コインチェック貸出期間のデメリット

暗号資産のレンディングにはメリットがある一方でデメリットも存在します。

貸出中は解約できない

貸出期間満了前に中途解約はできません。

貸出期間中の暗号資産は売却、出金も出来ませんので注意が必要です。

損する可能性がある

暗号資産の価格は貸出期間中も価格は上下し変動します。

価格が下がってしまった場合、利息分を足しても元の金額より少なくなってしまう場合があります。

コインチェック貸暗号資産のよくある質問

レンディングの収益は課税対象ですか?

課税されます。

レンディングの収益は、仮想通貨の売買で得た収益と同じく雑所得に区分されるため課税の対象となります。

いくらからレンディングできますか?

コインチェックでは暗号資産1万円相当から上限なく貸出できます。

※借入総額には上限がありますのでご注意ください。

貸出利用料の計算方法を教えて欲しい。

10BTCを年利3%で90日間貸出した場合、

[10BTC] × [0.03] ÷ [365日] × [90日] = 0.0739726BTC

が利用料として支払われます。

レンディングが承認されない。

貸出期間、年率を少なく変えて申請してみると比較的早く承認されるようです。

↓仮想通貨デビューはコインチェックがおすすめ!

↑今なら1500円分のビットコイン配布キャンペーン実施中

コインチェック貸暗号資産の注意点

コインチェック貸暗号資産サービスにはメリット・デメリットとは別に注意点があります。

審査に通過しなければならない

貸し借りの前にコインチェック側の審査があります。

そのため審査に通過しなければ貸し借りは出来ません。

また、借り入れについては制限があります。

貸し出した通貨以外では受け取れない

レンディングで貸し出した暗号資産は、ビットコインならビットコイン。

イーサリアムならイーサリアムと貸し出した通貨での返却になります。

コインチェック貸暗号資産の評判は?

それでは気になる評判はどうなのか見ていきましょう。

着実にレンディングにて資産を増やしている人が多く見られました。

眠っている暗号資産がさらに効率的に増やせるのなら、投資をする人は見逃せませんよね。

今後にも期待が高まります。

↓仮想通貨デビューはコインチェックがおすすめ!

↑今なら1500円分のビットコイン配布キャンペーン実施中

まとめ

今回はコインチェック貸暗号資産サービス【レンディング】についてご紹介していきました。

以下要点をまとめました。

貸暗号資産(レンディング)サービスとは暗号資産レンタルを行えるサービスのことで貸出資産に応じて利息を得られる。

・眠っている暗号資産はレンディングすると更に効率的な資産増加が見込める。

スキル不要で初心者でも手を出しやすいが、下落時には損する可能性もあるため注意が必要。

以上となります。参考にしていただければ嬉しいです。

また似たような仕組みとしてステーキングというものもありますのでこちらで開設しております。

合わせて読んでみるとよいかと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

  • 口座開設もカンタン!
  • 日本でアプリのダウンロード数がNo1!
  • 安心したセキュリティ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次